シーリング材の全てを公開、その基礎知識とお奨めの種類とは

Pocket
LINEで送る

「どれにしようかな・・・」

ご自宅の修理をDIYで行う時、どのシーリング材にすればよいか、迷ったことはありませんか?ホームセンターに行けば、様々な種類のシーリング材が置いてあるので迷ってしまいます。

そこで今回の記事では、シーリング材の「基礎知識」「おススメの種類」、そして「上手な選び方」の3つについてお話しします。シーリングの全てが分かる永久保存版の記事ですので、ぜひ参考にしてください。

 

 

目次

1. シーリング材とは

2. シーリング材の種類とその特徴

3. シーリング剤の賢い選び方

4. おススメできるシーリング材とは?

5. 価格の相場

6. シーリング、あるある失敗談

7. 屋根に使用されるシーリング材とは?

8. まとめ

 

1. シーリング材とは

シーリング作業の様子

シーリング材とシーリングガン

シーリング材とシーリングガン

 

 

 

 

 

 

 

建物の密封性や防水のために、外壁や窓枠の継ぎ目や隙間に施工するペースト状の建築用接着剤です。

通常はシーリングガンという銃のような形のシリンダーを使って、シーリング材を必要な箇所に充填(じゅうてん)していきます。ただ単に「シーリング」と呼ぶことが多いです。別名「コーキング」とも呼びます。

どちらが正しいかという事ではなく、呼び方が2種類あると思ってもらえれば結構です。タケコプターとヘリトンボのようなものです(笑)

one-point-1 シーリングとコーキング

コーキング材とシーリング材は、厳密に言うと若干違いますが、ほぼ同じ意味で使われているのが現状です。よって、同じ事を指していると考えてもらって結構です。

 

2. シーリング材の種類とその特徴

ここでは、初めて検索した方にも理解できるように、シーリング材の種類について、簡単にまとめてみました。

2-1. 変成シリコン系

変形シリコン系 シーリング材

【用途】
外壁の継ぎ目や窓枠、屋根の板金や配管など、ほぼ全般的に使用できます。

【特徴】
天候に左右されず、耐久性が強いので、屋根や外壁などに頻繁に使用されます。耐久年数は8年~10年とシーリング材の中では、頑丈な方です。塗装の前後に関わらず、いつでも使用できる強みがあり、最も凡庸性の高いシーリング材です。

2-2. ウレタン系

ウレタン系 シーリング材

ウレタン系 シーリング材

【用途】
木材・コンクリート・金属・配管など

【特徴】
修理箇所へ充填した後に、ゴムのような弾力性を持ち始めます。耐久性は最も優れていますが、紫外線に弱いという弱点があるため、住宅のエクステリア(外観)には使用しない方がよいと思います。またホコリを吸い寄せてしまうという特徴もあるので充填後、塗装を行う必要があります。

2-3. 油性系

油性系 シーリング材

油性系 シーリング材

【用途】
室内側の窓、室内側のドア、陸屋根の防水処理など

【特徴】
表面には皮膜ができるため、外側は硬直して固くなりますが、内側は固まりません。よって、無理に力を加えると内側からシーリングが飛び出してくることがあります。

 

one-point-1様々なシーリング材

もっと専門的な、詳しい内容について知りたい方は、こちらをクリックして下さい。

2-4.「1成分型」と「2成分型」の違いについて

1成分型(1液型)

2成分型(2液型)

2成分型(2液型)

 

 

 

 

 

 

 

※1成分型と2成分型は、1液型と2液型と呼ばれることもあります。

■ 1成分型とは
そのままの状態で、充填することができるタイプのシーリング材です。基本的に一般の方向けに作られたものですが、最近では専門的な業者も使用しています。その使いやすさに特徴があります。

■ 2成分型とは
シーリング材とそれを固める硬化材が別々になっている、専門家仕様のシーリング材です。作業や品質の管理に手間が掛かるので、2成分型はプロ御用達ですが、その仕上がり具合は“匠の技”レベルと言っても良いでしょう。ちなみに私たちは、必ずこの2成分型を使用しています。

 

3. シーリング剤の賢い選び方

シーリング材を賢く選ぶ際には、2つの大きなポイントがあります。その2つとは「メーカー」と「用途」です。

3-1. 大手メーカー品を選ぶ

シーリング剤を選ぶ際においては、極力大手メーカー品を選んで下さい。もちろん価格は高めですが、品質が圧倒的にズバ抜けています。無名メーカー品と比べて使い勝手や性能が全く異なりますのでシーリング充填の経験がない方は、必ずと言っていいほど大手メーカー品を選んだ方が良いでしょう。

■ 大手メーカー名

私がオススメする、大手メーカー品は以下の2社です。

セメダイン株式会社

コニシ株式会社

3-2. 用途に合ったシーリングを選ぶ

大手シーリング材のメーカーは、様々な用途を考慮してシーリング材を開発しています。

例えば、サッシの隙間に充填するのなら、「サッシ周り」の用途があるものを。そして外壁の目地に充填するのなら、用途に「外壁周り」があるシーリング材を選ぶのがベストです。

用途が異なるシーリング材を使用すると、充填直後は気が付きませんが、年数が経過すると思わぬ不具合が生じてきたりします。必ず用途に応じたシーリング材を選んで下さい。

 

4. おススメできるシーリング材とは?

pos-seal1 pos-seal2

 

 

 

 

 

 

これまでに様々なシーリング材を使ってきましたがその中でも特におススメのシーリング材。それは、セメダイン社がリリースする「POSシール」シリーズです!

その理由は「POSシール」シリーズは、1成分型変成シリコン系シーリング材の高性能万能型なので、まずほとんどの箇所で使用できることがあげられます。また、シーリングガンに取り付けて充填するだけで作業可能ですし、変成シリコンなので、充填後に塗装を行うことも可能で、その上使い勝手も大変優れています。

さらにお近くのホームセンターでもすぐに手に入れることができます。シーリング材選びに迷っている方は、セメダイン社の「POSシール」を選べば、まず間違いありません。

セメダイン社の「POSシール」シリーズは、こちらをクリック!

 

5. 価格の相場

この項目では、一般の人にとって、最も使いやすいと考えられる「1成分型変成シリコン系シーリング材」と、充填作業で必要な「シーリングガン」の価格相場についてお話しします。

  1成分型変成シリコン系シーリング材     500円~ 1,900円/1本  
  シーリングガン   200円~47,900円/1本  

価格相場の情報元は、モノタロウというサイトです。

ここに、キーワード「シーリング材」や「シーリングガン」を入れて検索すれば、相場となる価格はすぐに分かります。

 

6. シーリング、あるある失敗談

ここでは、自分でシーリング作業を行い、失敗された事例を3つ挙げます。

6-1. シーリングの後に、塗装ができない

【解決方法】
変成シリコン系ののシーリング材に変えると良いでしょう。また、シーリングを充填した後に、3日くらい空けた後に塗装するのがキモです。

6-2. すぐにシーリングが剥がれる

【解決方法】
シーリング作業を行う前に、該当箇所をキレイに掃除しましょう。特にホコリと油分を取り除くことが重要な下準備となります。

6-3. シーリング自体に、すぐにホコリが付着する

【解決方法】
現在は、ホコリが付着しにくいシーリング材も販売されていますが、ホコリは多かれ少なかれ付着するものです。どうしても付着したホコリが気になる場合は、シーリングの上から塗装をすると良いでしょう。しかし、そんな面倒臭いことはイヤだという方には、変成シリコン系のシーリング材を推薦しています。

 

7. 屋根に使用されるシーリング材とは?

屋根板金(棟包み板金)にシーリング

屋根板金(棟包み板金)にシーリング

 

住宅でシーリング材が使用されているのは、外壁やサッシ、ベランダだけはありません。写真の通り、屋根にも使われています。特に屋根の板金部分に多く使用されています。屋根の種類で言えば、スレート(コロニアル)屋根に多く見られます。

屋根にシーリング材を使用する理由は、ズバリ風からの耐性を強めるためです。スレート屋根の頂上には、必ずといって良いほど棟板金が取り付けられています。その板金が強風で浮かないように、棟包み板金の継ぎ目をシーリング材で埋めているのです。

このシーリングがないと、風によって棟包み板金が浮く可能性が高くなり、雨水が入り込む隙間ができてしまいます。その結果、雨漏りの原因となるのです。

one-point-1 棟板金が浮いていても、ご安心下さい!

もしも、すでに棟包み板金が浮いて、バタバタと音がしてもご安心ください。実は、ある方法を使えば、0円(無料)で棟包み板金を修理できるのです。

詳しくは「完全保存!屋根リフォーム費用の相場とそれを無料にする方法」をご覧ください。今や、棟板金は0円で修理するというのが業界のスタンダードです。

 

8. まとめ

今回は、分かっていそうで結構分からない、シーリング材のベーシックな知識について、まとめてみました。

誰でも一度は目にしたことがあるシーリング材ですが、実は様々な種類があり、コーキングの仕方にもちょっとしたコツがあります。

この記事が、あなたのDIYの一助になれば、これほど嬉しいことはありません。

 

 


 あわせて読みたい



エルボはなぜ重要なのか?洗濯機や雨樋に必要な7つの理由

引越しの見積り額を上手に抑えて、スムーズに引っ越す方法

住宅 あるある ? 住まいに関する秘密の裏情報を全て暴露

必見!火災保険を使って屋根修理を無料で行う方法

どんな雨漏りにも対応する、知られざる「保険」とは?

屋根の漆喰を補修する時、必ず知って欲しい5つのアドバイス

 

Pocket
LINEで送る

完全無料!家の修理、相談窓口を設置しました

situmonform

家の修理、実は0円でできるってご存じでしたか?

もしも、あなたが、屋根や家の修理に関するお悩みをお持ちでしたら、まずは我々にご相談下さい。

無料でご相談に乗らせていただき、屋根を1,000件以上修理してきたプロの目から、的確なアドバイスをさせていただきます。

一般的な屋根のご相談から、「火災保険を使って0円でできる、家の修理プラン」のご提案まで、幅広く対応させていただきますので、ご安心下さい。

また、お問い合わせいただいた方に対して、こちらからの売り込み等の営業は、一切行わないことをお約束します。

あなたからのご質問をお待ちしています!

→ 屋根に関するご相談は、こちらをクリック!

 

 




家はまだ、リフォームするな!あなたの大切なマイホームを無料で修理する秘密の方法をお話しします

hyoushi
あなたは今、自宅の修理のことで悩んでいませんか?

・屋根が雨漏りして困る
・カーポートや壁、雨樋が壊れたままになっている
・家の壊れた箇所をそのまま放置している


こういう状態で、心を痛めているのでは?

たくさんの思い出が詰まったマイホームだから大事にしたい。でも、修理するには、結構なお金がかかる・・・

そうお考えのあなた。分かります、その気持ち!

ただでさえ家のローンが苦しいのに、この上修理代がかさむとやりくりが大変です。

そこで、この無料eBookでは手出し0円、つまり完全無料で自宅の修理ができる秘密の方法についてまとめました。

お客様から「10万円出しても高くない内容だった」と言われた秘匿性の高い裏情報を初公開します!

ぜひ、ダウンロードしていただき、あなたの大切なマイホームのリフォームにお役立て下さい。

無料eBookをダウンロードする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*