瓦桟(かわらさん)とは何か?知っておきたい5つのポイント

Pocket
LINEで送る

瓦桟(かわらさん)とは何なのか・・・?tile-crosspiece

屋根瓦の葺き替えやリフォーム時の見積書に「瓦桟」という見慣れない文字があり、一体「瓦桟」って何だろう・・・と思われたのではありませんか?

このページでは、瓦桟の基礎的な知識とその構造についてお話しさせていただきます。しっかりと瓦桟についてご理解いただき、リフォームなどの際に有効活用していただければ幸いです。

 

 

目次

1. 瓦桟の基礎的な知識

2. 瓦桟の基本的な構造

3. 換気機能が付いた瓦桟

4. 瓦桟の価格相場(目安)

5. もしも瓦桟が壊れたら・・・

6. まとめ

 

1. 瓦桟の基礎的な知識

木製の瓦桟

木製の瓦桟

まず、瓦桟についての大切な基礎知識を3つほどお話しします。

1-1. 瓦桟とは

瓦桟(かわらさん)

瓦桟に瓦を設置する

瓦桟に瓦を設置する

瓦桟とは、瓦の屋根を葺く時、野地板にレールのように横向きに取り付ける細長い木材のことです。瓦ではないスレート屋根やガルバリウム鋼板の屋根には、瓦桟が設置されることはありません。

1-2. 主な2つの役割

瓦桟には、瓦の重なりを等しく配分し、水の侵入を防ぐ役割が一つと、瓦がずり落ちないようにストップする2つの役割があります。両方の機能は、家屋を雨や風から守るために、必ず必要な役割です。

1-3. 瓦桟の主な材質2つ

従来の瓦桟は、木材のものがほとんどでした。しかし、木材であるがために反りや曲がりが存在したり、施工時に亀裂が入ったりすることがありました。現在では、瓦桟の品質を均一にするため、合成樹脂製の瓦桟が作られています。

合成樹脂で作られた「エコランバー瓦桟」

tile-crosspiece

エコランバー瓦桟

roof of tile crosspieces

エコランバー瓦桟の屋根

エコランバー瓦桟は品質が一定で、木材のように筋がないため、反りや曲がり等の変形もありません。木材と同じで、切断による加工や釘打ちもできます。また腐食することもないので、木材に比べて耐久性も向上しています。

詳細は、「エコランバー瓦桟」の説明サイトにて、紹介しています。

2. 瓦桟の基本的な構造

ここからは、瓦桟の基本的な構造についてご説明します。

2-1. 一般的な瓦桟の構造

construction of tile crosspiece

瓦桟の構造

細長い瓦桟が、どのように屋根(野地板)に取り付けられ、施工されるか説明させていただきます。写真で説明すると、瓦桟は上のような構造になっています。

2-2. 瓦桟の寸法

一般的な住宅では、瓦桟の寸法は以下のようになります。
※ 豪雪地帯や急勾配の屋根などの特殊な建物は例外とします。

縦:15mm~25mm
横:18mm~35mm

2-3. 瓦桟のピッチ

ピッチとは、瓦桟と瓦桟の間隔のことです(※上の写真を参照)。
屋根に載せる瓦の種類によって、瓦桟のピッチは異なってきますが、ピッチの一般的な基準は下記の通りです。

ピッチ:225mm~306mm

 

3. 換気機能が付いた瓦桟

流し桟

流し桟

瓦桟部分の換気性を高める方法の一つに、上の写真のように瓦桟の下に「流し桟」という、もう一つの桟を取り付ける方法があります。しかし、瓦桟を施工するために、2倍の時間と手間が掛かってしまうというデメリットがあります。

3-1. 最近では、高耐久通気樹脂の瓦桟が主流

隙間を持たせ、換気性を保持する

隙間を持たせ、換気性を保持する

高耐久通気樹脂瓦桟

高耐久通気樹脂瓦桟

そこで、近年注目を浴びているのが、瓦桟に最初から隙間を持たせ、換気性を高めるよう設計された「高耐久通気樹脂瓦桟」です。この瓦桟を使えば、「流し桟」を敷く手間がなくなり、換気性や耐久性を高めることができます。

詳しい内容については、「高耐久通気樹脂瓦桟」のHPで、紹介されています。

 

4. 瓦桟の価格相場(目安)

瓦桟の種類 価格相場 備考
木製瓦桟(杉) 150円 長さ1820mm×幅18mm×厚18mm
樹脂製瓦桟 340円 長さ1820mm×幅30mm×厚15mm

 

5. もしも瓦桟が壊れたら・・・

もし瓦桟が破損して、瓦がズリ落ちてきたり、雨漏りが始まったら・・・その時には「火災保険を使って、屋根の修理を無料で行う「専門業者」とは」記事をご覧下さい。

瓦桟の修理をご自分の手によってDIYで行うのは、少々無理があるかもしれません。しかし、いきなり業者に修理を依頼するのも考えものです。なぜならば、瓦桟の施工には結構な料金が必要となるからです。

瓦を取り外し、その下にある瓦桟の施工を行うには、足場代から職人代からかなりの料金が発生します。

しかし、私たちの経験上、瓦桟の修理はかなりの確率で完全無料の0円で行うことが可能です。上記の記事では、業者に修理を依頼しながらも、負担金ゼロで瓦桟を修理するという、秘匿性の高い方法についてお話ししていますので、ぜひ参考にしてください。

 

6. まとめ

この記事では、瓦桟の基礎的な知識とその構造、換気機能が付いた瓦桟の紹介、価格相場の3つについてお話ししましたが、参考になったでしょうか?

頭の中にあるモヤモヤが解消されると、より良い屋根の施工へと大きく前進することができます。瓦桟の修理は、基本的に0円で行うのが鉄則であることを頭の片隅に置いていただければ幸いです。

 


 あわせて読みたい


瓦屋根を修理する時、絶対に知っておきたい5つのポイント

必見!火災保険を使って風災害を無料で修理する上手な請求法

必見!火災保険を使って、屋根修理を無料で行う方法

【台風の保険】台風被害のためにある5つの保険とその活用術

火災保険を使って、台風で壊れた箇所を修理できる3つの理由

どんな雨漏りにも対応する、知られざる「保険」とは?

 

Pocket
LINEで送る

完全無料!家の修理、相談窓口を設置しました

situmonform

家の修理、実は0円でできるってご存じでしたか?

もしも、あなたが、屋根や家の修理に関するお悩みをお持ちでしたら、まずは我々にご相談下さい。

無料でご相談に乗らせていただき、屋根を1,000件以上修理してきたプロの目から、的確なアドバイスをさせていただきます。

一般的な屋根のご相談から、「火災保険を使って0円でできる、家の修理プラン」のご提案まで、幅広く対応させていただきますので、ご安心下さい。

また、お問い合わせいただいた方に対して、こちらからの売り込み等の営業は、一切行わないことをお約束します。

あなたからのご質問をお待ちしています!

→ 屋根に関するご相談は、こちらをクリック!

 

 




家はまだ、リフォームするな!あなたの大切なマイホームを無料で修理する秘密の方法をお話しします

hyoushi
あなたは今、自宅の修理のことで悩んでいませんか?

・屋根が雨漏りして困る
・カーポートや壁、雨樋が壊れたままになっている
・家の壊れた箇所をそのまま放置している


こういう状態で、心を痛めているのでは?

たくさんの思い出が詰まったマイホームだから大事にしたい。でも、修理するには、結構なお金がかかる・・・

そうお考えのあなた。分かります、その気持ち!

ただでさえ家のローンが苦しいのに、この上修理代がかさむとやりくりが大変です。

そこで、この無料eBookでは手出し0円、つまり完全無料で自宅の修理ができる秘密の方法についてまとめました。

お客様から「10万円出しても高くない内容だった」と言われた秘匿性の高い裏情報を初公開します!

ぜひ、ダウンロードしていただき、あなたの大切なマイホームのリフォームにお役立て下さい。

無料eBookをダウンロードする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*