【効果大】自分でできる雨漏り対策とそのチェック法

Pocket
LINEで送る

劇的!効果絶大な雨漏り対策とは・・・leaking

雨漏り修理にかなり高額な費用が掛かってしまい、何か良い予防対策はないか検討されていませんか?

雨漏り対策は、早くすればするほど手間が少なく、低価格に抑えることができます。放っておくと、リフォーム業者に依頼せざるを得なくなり、また高額な出費がかさみます。

この記事では、自分でできる雨漏り対策とチェック法についてご紹介します。また業者の料金相場(目安)もお話ししますので、自分でやるか、業者に依頼するのか、その判断材料としていただければ幸いです。

 

 

目次

1. 雨漏りのチェック箇所

2. 自分でできる雨漏り対策とその具体的な方法

3. より具体的な雨漏り対策

4. 専門業者の雨漏り調査費用の相場(目安)

5. まとめ

1. 雨漏りのチェック箇所

雨漏り対策をされる前に、下記の6箇所だけは必ずチェックしましょう。ほとんどの雨漏りは、この6箇所から発生しています。

【注意事項】 ご自分でチェックするには1Fの屋根だけにしてください。2Fや3Fは危険ですので、チェックだけでも業者に依頼しましょう。

1-1. スレート・瓦

スレートのひび割れ

スレートのひび割れ

瓦の割れやズレ

瓦の割れやズレ

1-2. 棟板金

棟板金の浮き

棟板金の浮き

棟板金やクギの浮き

棟板金やクギの浮き

1-3. 漆喰(しっくい)

漆喰の崩れ

漆喰の崩れ

雨風時、ここから雨水が侵入する

雨風時、ここから雨水が侵入する

1-4. 雨仕舞い部分

雨仕舞いとは、住宅を建設中に浸水防止の工事を行うことです。ここが不十分だと雨漏りが発生しやすくなります。特に「谷樋」と「天窓」の2つは要チェックです。

谷樋からの雨漏り

谷樋からの雨漏り

天窓からの雨漏り

天窓からの雨漏り

1-5. コーキング部分

特にベランダ下や棟板金のコーキング部分は要チェックです。

コーキングの剥がれ1

コーキングの剥がれ1

コーキングの剥がれ2

コーキングの剥がれ2

1-6. 経年劣化・老朽化

経年劣化したスレート

経年劣化したトタン屋根

経年劣化したトタン屋根

雨漏り箇所が上記1つだけの場合もあれば、2つ以上が同時に発生することもあります。もっと詳しく知りたい方は「雨漏りを引き起こす7つの原因と、それを解決する方法」をお読みください。

 

2. 自分でできる雨漏り対策とその具体的な方法

まずは、屋根や外壁を目でチェックしましょう。目で確認すると、ここから雨水が入りそうだなという箇所はある程度予想できると思います。該当箇所を絞り込んでから下記の要領で対策を行なって下さい。

2-1. 屋根の雨漏り対策

【注意事項】 ご自分でのチェックは1F屋根だけにしてください。2Fや3Fに登るのは危険ですので、必ず業者に依頼しましょう。

■ スレートや瓦にヒビや割れがあった場合

自分でコーキング補修を行う。

スレートのコーキング作業

スレートのコーキング作業

※コーキング補修は、あくまでも応急処置です。タイミングを見て業者に雨漏り修理を依頼することをおススメします。

■ 瓦のズレや割れは?

瓦のズレや割れがあった場合、自分で瓦の交換を行う。

瓦は、ほとんどが載せてあるだけなので、手で簡単に取り外せます。ただし瓦が購入できるお店も限られていますし、瓦の種類を見分けるのは一般の方には難しいかもしれません。その場合は、業者に依頼する方がいいでしょう。

割れた瓦

割れた瓦

新しい瓦に交換

新しい瓦に交換

■ 棟板金の剥がれや浮きは?

5mm以上の浮きがあった場合、自分でコーキング補修を行う。

棟板金の防水コーキング

剥がれている場合、業者に依頼して修理してもらう。

元に戻すことは一般の方でもできますが、下地材が痛んでいるため、またすぐに剥がれてしまう可能性が大きいです。業者に棟板金交換をしてもらうことをおススメします。

新しい棟板金を取り付ける

新しい棟板金を取り付ける

■ 漆喰(しっくい)に崩れやヒビは?

その場合には、業者に依頼する。

漆喰補修には専門技術が不可欠ですので、必ず屋根修理業者に依頼しましょう。

漆喰の修理

漆喰の補修完了

漆喰の補修完了

■ 雨仕舞いに不良は?

穴などが開いているばあい、業者に依頼する。

自分でもコーキング補修はできますが、下手に一般の人が手を加えると、それが雨漏り原因になることもありますので、おススメできません。

天窓のコーキング

天窓のコーキング

■ コーキング剤のヒビ割れや剥がれは?

コーキングの剥がれがある場合、古いコーキングを剥がしてコーキングを充填する。ただし、屋根の上は不安定なので自信のない方は業者に依頼するほうが良いでしょう。

屋根のコーキング

屋根のコーキング

■ 経年劣化では?

経年劣化である場合、業者による葺き替え工事が必要となる。

瓦を撤去中

瓦を撤去中

新しいスレートに葺き替え

新しいスレートに葺き替え

2-2. 外壁の雨漏り対策

【注意事項】 ご自分でのチェックは、1Fの外壁部分だけにしてください。2Fや3Fは危険ですので、チェックだけでも業者に依頼しましょう。

■ 外壁のコーキングに割れや剥がれは?

外壁のコーキングに割れや剥がれがある場合は、古いコーキングを剥がして、コーキングを充填しましょう。

コーキングの充填

■ サッシのコーキングにヒビ割れや剥がれは?

キーキングにひび割れや剥がれがある場合、古いコーキングを剥がしてコーキングを充填しましょう。

サッシ箇所のコーキング

サッシ箇所のコーキング

■ 庇(ひさし)やベランダなどの雨仕舞いは?

庇やベランダに小さな穴が開いている場合は、自分でコーキングの充填をしましょう。ただし、雨水の経路が想定できず、構造が複雑な場合は、業者に依頼しましょう。下手に一般の方が手を加えると、それが雨漏りの原因になることがあります。

庇(ひさし)のコーキング

庇(ひさし)のコーキング

■ 経年劣化の可能性は?

経年劣化の可能性が高い場合、業者に依頼しましょう。このような状態の外壁で雨漏りがあれば、外壁の全面リフォームをおススメします。

外壁の経年劣化

外壁の経年劣化

 

3. より具体的な雨漏り対策

ここでは、いわゆる「三角屋根」・「陸屋根(水平な屋根)」・「外壁」の具体的な雨漏り対策と、そのためのおススメ商品をお話しします。

3-1. 三角屋根の場合

もしも、すでに火災保険に加入済みでしたら、実質無料で雨漏り対策ができる可能性があります。無料と言われると不安になられると思いますが、それにはちゃんとした理由があります。

詳しく知りたい方は「【必見】雨漏りの修理費用を1円でも安く抑える5つのポイント」でその理由を詳細に説明していますので、よろしければご覧ください。

3-2. 陸屋根の場合

雨漏りストップ材の使用がおススメです。雨漏りストップ材とは、撒くだけで雨漏りを止める、画期的な新製品です。雨が降る前、屋上にばら撒くとストップ材が雨で溶けて屋根に染み込み、雨漏りの予防をしてくれます。

雨漏りストップ材

雨漏りストップ材

溶けたストップ材

溶けたストップ材

 

 

 

雨漏りストップ材が雨水などの水分によってミクロサイズの粒子となり、流動化すると、屋上床の亀裂やヒビに入り込み、凝固して、雨水の侵入を防いでくれます。すでにコーキング補修をしている箇所でも、そのまま使用できる画期的な新製品です。

では、その予防対策の手順について、具体的に説明します。使用する際のポイントは、必ず天気予報を見て、雨の日の前日に行うことです。

① 雨漏りストップ材を撒きます

雨漏りストップ材を撒く

雨漏りストップ材を撒く

屋上の亀裂やヒビ割れがある箇所を中心に撒きます。目安量は最大1kg/ です。

② ジョウロで雨漏りストップ材に水を掛けます

雨漏りストップ材に水を掛ける

雨漏りストップ材に水を掛ける

水の量は雨漏りストップ材が少しネバネバして、風で転がらなくなる程度です。

③ 雨が降り始める

雨漏りストップ材の原理

雨漏りストップ材の原理

雨水によって溶け出し、ミクロ化した雨漏りストップ材が亀裂やヒビ割れに入り込みます。

また、余分なストップ材は雨樋を通じて排水されます。

④ 雨漏り対策完了

雨漏りストップ材が染み込む

雨漏りストップ材が染み込む

ミクロ化した雨漏りストップ材が亀裂やヒビ内部で凝固し、雨漏り予防対策は完了です。ただし、すでに雨漏りしている場合は、室内に雨漏りストップ材が漏れて来る可能性がありますので、バケツや養生の準備をしてください。

【注意事項】雨漏りストップ材は雨水で溶解しゲル状になると、コンクリートのひび割れに浸透し、効力を発揮します。ただ、雨漏れのシミと同様に建物に浸透していきますので、マーブル上の模様のように見えます。

■ 雨漏りストップ材の価格

5kg入り (5~10㎡)  10,000円(税込)+ 送料540円 
 10kg入り (10~20㎡)    18,000円(税込)+ 送料無料
1平米あたり  1,000~2,000円/ ㎡

雨漏りストップ材の購入先は、雨漏りストップ.com

3-3. 外壁の場合

外壁からの雨漏りの場合、コーキングを充填する方法がおススメです。コーキング剤とは、気密性・防水性を高めるために隙間を埋めるネリ状の補充材です。チェック時に見つけた不具合箇所をコーキングで雨漏りしないよう充填します。

コーキング剤とコーキングガン

コーキング剤とコーキングガン

充填前にプライマーを塗布するとその効果はより発揮します。プライマーとは、コーキング剤の接着性を高めるための液体です。

プライマー

まずは、コーキング剤・プライマー・マスキングテープ・カッター・ヘラ・雑巾・ゴミ袋などを準備してください。それでは、その手順を詳しく説明します。

マスキングテープ

マスキングテープ

カッター

カッター

① 古いコーキング剤を取り除く。

コーキングのはがし作業

コーキングのはがし作業

カッターで外壁材を傷つけないように古いコーキング剤を剥がしてください。できる限り丁寧に剥がしていきます。古いコーキングの上から新しいコーキングを充填すればいいのではと思われるかもしれませんが、それだけでは、防水性や耐久性が悪くなります。結果、予防対策としては不十分ですので、必ず、古いコーキング剤は取り除きましょう。

結構、手間が掛かりますが、とても重要な工程です。ホコリやゴミも雑巾などでふき取ってください。

② マスキングテープをする。

マスキングテープ

マスキングテープ

マスキングとは、コーキング剤を充填する際に、コーキング剤がはみ出すのを防ぐために充填箇所の周囲を覆うことです。外壁の余分なところにコーキング剤やプライマーが付かないよう、周りにマスキングテープを貼ります。はじめてコーキング充填をされる方は、必ず行なってください。

③ プライマー(シーラー)を塗ります。

プライマーの塗り完了

プライマーの塗り完了

コーキング剤を充填する箇所にプライマー(シーラー)を塗布します。そのときにマスキングテープからはみ出ないように気をつけてください。プライマー(シーラー)は外壁材とコーキング剤との接着力を高めるものです。

④ コーキング剤を充填します。

外壁にコーキング中

外壁にコーキング中

プライマーが乾いたら、コーキング剤を該当箇所に充填していきます。少し多めに塗ってヘラなどで奥に押し込むようにして、表面を外壁材と合わせてください。もし、途中に空洞ができたら、追加充填して必ずつぶしておきましょう。雨水の流れも考慮して余分なコーキング剤があれば、ふき取ってください。

⑤ マスキングテープを剥がす。

外壁コーキング完了

外壁コーキング完了

コーキング充填をしたら、すぐにマスキングテープは剥がしてください。そのままにしておくと、コーキング剤が乾いてしまい剥がしにくくなります。また見栄えも悪くなりますので、すぐに剥がしましょう。剥がしたマスキングテープには、まだコーキング剤が付いていますので、他の箇所につけないよう、あらかじめ準備したゴミ袋に入れておきます。コーキング剤が乾けば予防対策は完了です。

【注意】一般の方が、2Fや3Fの屋根や広範囲の予防対策をすることは、おススメできません。高所であり足元も斜めで不安定なため大変危険です。また外壁の基本構造をご存知でないと、外壁材などを傷つけてしまい、その予防対策が雨漏り原因になるなど、本末転倒な結果になってしまうこともあります。あまり自信のない方は専門の業者に依頼されることをオススメします。

■ おススメのコーキング剤とプライマー(シーラー)

セメダイン POSシール(変成シリコン) 価格:約600円

pos-seal1

セメダイン「プライマーB」 価格:約1,100円

【注意】コーキング剤に関しては、必ず「1成分形変成シリコーン系コーキング剤」を使用してください。2成分形はプロ用で専門機材のため、常にかき混ぜ続ける必要があり、止めるとすぐに硬化し、使い物にならなくなります。

また変成シリコン系ではなく、シリコン系だと塗装乗りが悪くなり、後の外壁塗装時に大変な手間が掛かってしまいますので、お気をつけください。コーキング剤については、高額でも品質のよいものを使う方が、後々考えると絶対にお得です。

おススメのコーキング剤とプライマーの購入先は、「モノタロウ」です。

 

4. 専門業者の雨漏り調査費用の相場(目安)

【注意事項】 下記の金額は雨漏り修理費用ではありません。雨漏り原因や雨漏りの可能性があるかの調査費用の相場です。雨漏り修理費用の相場を知りたい方は「【必見】雨漏りの修理費用を1円でも安く抑える5つのポイント」をご覧ください。

 

 目視による雨漏り調査   5,000円~15,000円(税抜) 

屋根に上り、写真撮影後、プロの目からいろいろとアドバイスをもらえます。

   散水試験調査     35,000円~100,000円(税抜) 

屋根に水をかけ、実際に屋根裏を調査して、詳しく調査する方法です。僅かな雨水浸入の有無を知りたい方には、おススメです。

4-1. 悪徳業者対策

業者に依頼される場合は、手抜き業者やボッタクリ業者などの悪徳業者に騙されないように気を付けましょう。悪徳業者対策について、詳しく知りたい方は「危険!ネット上の悪徳業者にだまされないための対処法とは」をお読みください。

 

5. まとめ

自分でできる雨漏りチェックとその具体的な対策方法はいかがだったでしょうか?こんなに簡単なら、一度やってみようと考える方も多いと思いますが、自分でやる手間と業者に依頼する費用のバランスを考えて、あなたに合った雨漏り対策の参考になれば幸いです。

 

 


 あわせて読みたい



どんな雨漏りにも対応する、知られざる「保険」とは?

雨漏りを引き起こす7つの原因と、それを解決する方法

【必見】雨漏りの修理費用を1円でも安く抑える5つのポイント

プロが語る!雨漏りの修理方法と料金の相場(目安)

雨漏り調査7つのポイントと、それを無料で修理する方法

雨樋を無料で修理できた!雨樋の修理費用と0円で直す方法

雨樋を修理する前に、知っておきたい7つのアドバイス!

Pocket
LINEで送る

完全無料!家の修理、相談窓口を設置しました

situmonform

家の修理、実は0円でできるってご存じでしたか?

もしも、あなたが、屋根や家の修理に関するお悩みをお持ちでしたら、まずは我々にご相談下さい。

無料でご相談に乗らせていただき、屋根を1,000件以上修理してきたプロの目から、的確なアドバイスをさせていただきます。

一般的な屋根のご相談から、「火災保険を使って0円でできる、家の修理プラン」のご提案まで、幅広く対応させていただきますので、ご安心下さい。

また、お問い合わせいただいた方に対して、こちらからの売り込み等の営業は、一切行わないことをお約束します。

あなたからのご質問をお待ちしています!

→ 屋根に関するご相談は、こちらをクリック!

 

 




家はまだ、リフォームするな!あなたの大切なマイホームを無料で修理する秘密の方法をお話しします

hyoushi
あなたは今、自宅の修理のことで悩んでいませんか?

・屋根が雨漏りして困る
・カーポートや壁、雨樋が壊れたままになっている
・家の壊れた箇所をそのまま放置している


こういう状態で、心を痛めているのでは?

たくさんの思い出が詰まったマイホームだから大事にしたい。でも、修理するには、結構なお金がかかる・・・

そうお考えのあなた。分かります、その気持ち!

ただでさえ家のローンが苦しいのに、この上修理代がかさむとやりくりが大変です。

そこで、この無料eBookでは手出し0円、つまり完全無料で自宅の修理ができる秘密の方法についてまとめました。

お客様から「10万円出しても高くない内容だった」と言われた秘匿性の高い裏情報を初公開します!

ぜひ、ダウンロードしていただき、あなたの大切なマイホームのリフォームにお役立て下さい。

無料eBookをダウンロードする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*