庇を玄関に後付けする3つの効果、必ず付けるべき理由とは?

Pocket
LINEで送る

庇(ひさし)を付けるメリットとは?

自宅の窓や勝手口に庇が付いていないことに気が付いて、「庇を付けた方がいいんじゃないかな?」と不安になってきた、そんな方はいませんか?

建築のプロが設計したのだから問題ないと、無理に納得してはいけません。気になることは自分で調べるのがベストな解決策です。

この記事では、初めての方にも分かりやすく、庇の基礎知識についてお話します。ぜひ、参考にして下さい。

 

 

目次

1. 庇(ひさし)とは、何か?

2. 庇は絶対に付けた方がよい!

3. 庇を付けた方が良い4つの理由

4. 庇の種類

5. 庇の修理費用の相場

6. 庇の修理費用を完全無料の0円にする方法

7. まとめ

 

1. 庇(ひさし)とは、何か?

窓の庇

玄関の庇

建物の窓や玄関などにある開口部の上部に張り出している、日除けや雨除け用に取り付けられた小さな屋根を庇(ひさし)といいます。

 

2. 庇は絶対に付けた方がよい!

自宅に庇がないことに気が付いたら、後付けでもよいので、できるだけ付けるようにして下さい。それが新築中なら尚更です。これまでに「庇を付けて失敗だった」というお客様を見たことがありませんが、「庇を付けておけばよかった」と後悔する方は何人も見てきました。庇を付けずに後悔する方の方が圧倒的に多いのが実情です。

庇はそんなに大型のものではありませんし、お金もさほど掛かりません。万が一、必要性を感じなかった場合でも「邪魔で仕方がない」と後悔するものでもありません。

2-1. 庇を付けられない場合もある

しかし、庇を付けたくても付けられないケースがあることも事実です。それは、隣の敷地から極めて近い箇所に庇を付けたいケースです。日本では、原則的には建物は隣の敷地から50センチ以上の距離を取ることが義務とされています。(民法234条1項)

ただし、この民法は庇にだけは適用されないという解釈もあるようで、現在論争中のようです。しかし、法的にはどうであれ、ご近所とのトラブルにならないよう、信頼関係は作っておいた方が良いと思います。

 

3. 庇を付けた方がよい4つの理由

最近の住宅事情には「大きな庇はカッコ悪い」という風潮が感じられますが、私としては、住宅とは長く付き合っていくことを考慮すると、確かにデザインは大切ですが、機能性を優先すべきだと思います。ここでは、庇を付けた方がよい4つの理由について、その機能面を中心にお話しします。

3-1. 雨の吹き込みを防ぐ機能

庇を付けていない場合、窓が開いていると、小雨でも雨水が部屋の中に吹き込んできます。そのため、真夏の降雨時には、空気の入れ替えができなくなります。

3-2. 日除けの機能

庇がないと、直接日光が入りますので、夏場は室内の温度がとても高くなります。反対に庇を付けると、窓からの直射日光量が少なくなるので、室内の高温化や色褪せを防ぐことができます。

3-3. 汚れを防ぐ機能

庇がないと、窓や玄関が直接雨水に晒され、ホコリや汚れが付いてしまいます。しかし、庇があることでそれらを被ることを避けられますので、汚れが付きにくくなるという利点があります。

3-4. 雨漏りを防ぐ機能

庇があれば、窓のシーリング部分が直射日光や雨水に晒されなくなります。よって、シーリングの劣化による雨漏りの可能性を低減することができます。

 

4. 庇の種類

ここでは、材質が異なる代表的な5つの庇についてご説明します。あなたはどのタイプがお好みでしょうか。

4-1. 木製

木製の庇

木製の庇

木製といってもその表面は、アルミニウムやガルバリウムなどの板金、スレートで覆われています。

4-2. ポリカーボネイト(ポリカ)

ポリカの庇

カーポートの屋根をダウンサイズしたものといえば、分かりやすいでしょう。ポリカ製はデザインもお洒落なものが数多くあります。

4-3. アルミニウム

アルミ製の庇

アルミ製の庇

アルミニウム製は「軽量性、耐久性、消音性」に優れています。

4-4. ガルバリウム

ガルバリウム鋼板製の庇

ガルバリウム鋼板製の庇

キズが付きにくく耐摩耗性や防錆性に優れています。遮熱効果も高く、再利用しやすい材質です。

4-5. ガラス

ガラス製の庇

デザインを重視される方にはとてもおススメな庇です。オシャレで都会的な雰囲気を満喫できます。強化ガラス製なので、強度や安全性も考慮されています。

 

5. 庇の修理費用の相場

ここでは、庇の新設費用ではなく、修理費用の相場についてお話しします。

庇の交換修理 約20万円~ (材料費・施工費込み)

 

6. 庇の修理費用を完全無料の0円にする方法

長年の雨風により、庇が傷んでしまい、修理をしたいと考えている方に耳寄りな情報があります。もし、あなたが火災保険に加入済みでしたら修理費用を負担0円にできる可能性が大です。なぜなら、その火災保険には「風災・雪災補償」が自動的に付いているからです。庇が破損する原因の1位と2位は「台風と落雪」です。

少しでも心当たりがあるのなら「必見!火災保険を使って、屋根修理を無料で行う方法」で火災保険の「風災・雪災補償」のことを詳しくお話ししていますので、ぜひ参考にして下さい。

 

7. まとめ

現在、ご自宅の窓に庇が付いていないのなら、できるだけ追加工事で庇を付けてもらうと良いでしょう。費用は若干掛かりますが、それ以上のメリットがあるのは間違いありません。

また、修理が必要だと感じた場合には、火災保険を使って無料で修理するという方法を常に頭の隅に置いていただけると良いと思います。

 


 あわせて読みたい


火災保険を使って、屋根の修理を無料で行う「専門業者」とは

必見!火災保険を使って風災害を無料で修理する上手な請求法

火災保険を使って、リフォームではなく自宅の修理をする方法

火災保険を使って、台風で壊れた箇所を修理できる3つの理由

どんな雨漏りにも対応する、知られざる「保険」とは?

瓦屋根を修理する時、絶対に知っておきたい5つのポイント

完全保存!屋根リフォーム費用の相場とそれを無料にする方法

Pocket
LINEで送る

完全無料!家の修理、相談窓口を設置しました

situmonform

家の修理、実は0円でできるってご存じでしたか?

もしも、あなたが、屋根や家の修理に関するお悩みをお持ちでしたら、まずは我々にご相談下さい。

無料でご相談に乗らせていただき、屋根を1,000件以上修理してきたプロの目から、的確なアドバイスをさせていただきます。

一般的な屋根のご相談から、「火災保険を使って0円でできる、家の修理プラン」のご提案まで、幅広く対応させていただきますので、ご安心下さい。

また、お問い合わせいただいた方に対して、こちらからの売り込み等の営業は、一切行わないことをお約束します。

あなたからのご質問をお待ちしています!

→ 屋根に関するご相談は、こちらをクリック!

 

 




家はまだ、リフォームするな!あなたの大切なマイホームを無料で修理する秘密の方法をお話しします

hyoushi
あなたは今、自宅の修理のことで悩んでいませんか?

・屋根が雨漏りして困る
・カーポートや壁、雨樋が壊れたままになっている
・家の壊れた箇所をそのまま放置している


こういう状態で、心を痛めているのでは?

たくさんの思い出が詰まったマイホームだから大事にしたい。でも、修理するには、結構なお金がかかる・・・

そうお考えのあなた。分かります、その気持ち!

ただでさえ家のローンが苦しいのに、この上修理代がかさむとやりくりが大変です。

そこで、この無料eBookでは手出し0円、つまり完全無料で自宅の修理ができる秘密の方法についてまとめました。

お客様から「10万円出しても高くない内容だった」と言われた秘匿性の高い裏情報を初公開します!

ぜひ、ダウンロードしていただき、あなたの大切なマイホームのリフォームにお役立て下さい。

無料eBookをダウンロードする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*